所長ブログ

tel_sp.png
メールでのお問い合わせ

2017.11.22更新

2児を育てながら働く知人が、毎朝2時起きと聞き、びっくりしたことがあります。予定は30分ごとにぴっちり、息抜きの時間もちゃんと確保しているとか。モニターのみなさんも、4人に3人が時間管理に気を配っているという結果になりましたが、少数派の意見にちょっぴりほっとしてしまいました。

 

勝負は午前中に決まる

 

 なぜ時間管理に気をくばるのか。理由の上位2つは「無駄な時間を過ごしたくない」「生活にめりはりがつく」で、前向きでストイックな姿勢がうかがえる。心がけていることでは、「優先順位を明確にする」が断トツだった。

 「勝負は午前中」(千葉、57歳女性)と書く人もいたようにとにかくみなさん、朝が早い。4時、5時起きでテンションを上げていく。

 「家族が起きてくるまでにどれだけ家事を終わらせるかで1日のモチベーションが決まる。小学校、幼稚園、保育園と送り迎えがあるので隙間の時間をどう活用するか考える」(千葉、33歳女性)、「朝一番で今日は何をメインに動くか自覚する」(広島、50歳女性)、「早朝や隙間の5分に意識を集中。忙しい日は出来ることを前倒し」(東京、43再女性)。

 長時間勤務など、時間管理に努めざるをえない境遇をなげく人もいたが、全体として、むしろ前向きに考える人の方が目立つ。「忙しすぎるときの方が、意外に時間管理ができている」(東京、41歳女性)

 強力な味方となるアイテムが「TO DO LIST」。予定だけでなく「どのように1日を過ごしたかを記入している」(兵庫、44歳女性)と、様々な工夫をこらす例が続々と報告された。

 

 

投稿者: 松村税務会計事務所

HOME
メールでのお問い合わせ 営業時間 9:00~17:30 定休日 土日・祝日 土日・祝日時間外予約可